月別アーカイブ: 2015年9月

お手軽白髪染めを実現した「利尻ヘアカラー」の人気の秘密

利尻ヘアカラートリートメントは、すぐに染まる白髪染めとは異なり、使うほど徐々に白髪を染め上げていくタイプの家庭用白髪染めです。

mutenka食用としても大変高級である北海道利尻産の天然昆布を贅沢に配合しています。

利尻産昆布には、天然ミネラル成分が豊富に含有されています。

また、昆布に含まれる注目のフコイダンは、保湿力が大変優れているから染めてもパサつかない美髪を維持できるのが人気の秘密だったんですね。

利尻ヘアカラートリートメントは、天然成分で作られているので、従来の白髪染めで頭皮がかぶれたり、かゆみなどの炎症がでた方や、敏感肌の方にも安心して使っていけるようです。さらに、使用すればするほど髪もしっとりうるおうトリートメント効果にも優れている白髪染めです。敏感肌にも使っていける低刺激な無添加白髪染めの代表的な白髪染めといえるでしょう。

利尻ヘアカラートリートメントは選べる3色カラーansinsiragasome

利尻ヘアカラートリートメントは、お好きなカラーを選べる3色を用意しています。明るめの方がお好きな方はライトブラウン、自然に染めあげたい方にはダークブラウン、男性におすすめなのがブラックです。

利尻ヘアカラートリートメントは、男女兼用の白髪染めなので、ご家族で購入される方も増えています。

利尻ヘアカラートリートメントは、1回できれいに染めあげる白髪染めとは異なります。

そのため、使用するたびに、徐々にきれいに白髪が染めあがります。白髪を染めたことにも気づかれず、きれいに自然に染めあがる白髪染めです。

TOPIC!!女性ならだれしも気になる毛穴の開きをケアできるおすすめ化粧品情報はこちらから→http://xn--w8ja1h8cs490ar9polxm9f6x3d.com/

自宅でできるカラーシャンプーを失敗なく選ぶには

カラーシャンプーのメリットデメリットを知る!

karashanerabi手軽に利用ができるカラーシャンプーですが、やはりメリットとデメリットはつきものです。メリットとしては、その使用方法が手軽でカラーリングのように髪を傷めることも少ないため、アレルギーや地肌が弱い方にも使用ができることが多いことが挙げられます。また、毎日のシャンプーに使うので自然と髪を染めているようなものなので、カラーリング後であれば色持ちが良くなり心配が減ります。同時に、綺麗な髪色を保つために頻繁に美容室に通うことも少なくなるでしょうから、時間や費用の節約ができるでしょう。美容室などでのカラーリングはどうしても髪にダメージを与えてしまいますから、髪を保護し痛みが減るのではないかと思われます。このように良い点は沢山見られますが、デメリットの方を考えてみたいと思います。

yokusomarushanデメリットでの大きな問題点としては、やはり髪が染まるまでの時間でしょう。通常のヘアカラーとは違い、髪の上から色でコーティングをするヘアマニキュアのため、一度の使用ではしっかりと髪に色は定着しません。

多くの方は数日から半月ほどの期間利用をしてみてその効果を感じるのではないかと思われます。

しかし、この期間は個人差があり髪質や状態などが大きく関係をしてきます。

そして、ブリーチをした後のカラーシャンプーであれば比較的早い段階で色が染まっていくのではないかと思われます。

数回の利用のみで、効果が無いと決め付けるのではなく一定期間気長に使用を続けていくことが必要でもあります。

白髪染めシャンプーと育毛剤の併用と頭皮への影響

白髪で悩んでいる方はたくさんいます。
しかし、白髪染めをするのは頭皮に負担がかかるし、荒れてしまったりして躊躇しているという方も多いのです。
今まで使ったことがない方は、その効果はとても大きく感じるかもしれません。白髪染めシャンプーは、頭皮に当たることで、育毛剤を使っている場合に影響がないかと心配される方もいるかもしれません。

しかし、白髪染めシャンプーは髪の毛そのものへの効果しかありませんので、育毛剤に影響することはありませんので、安心して使っていただくことができます。
育毛剤で健康な髪の毛を育て、白髪染めシャンプーでカラーを落ち着かせるというのは、両方からメリットがあります。
白髪があることで、どうしても老けた印象になってしまいますので、白髪を改善することで年齢的にも若くみえるということになりますので、普段のお出かけなどももっと楽しく、若々しい服装にすることができるかもしれません。
まだ使ったことがない方は、お試しサイズなどがでているものもありますので、まずは試してみてください。
口コミでも、その効果はとても良いということで、喜びの声を上げている方もたくさんいますので、まずは使ってみることからです。