若白髪になってしまう主な原因

若年性の白髪になってしまう理由とは

10代から20代で見られる白髪のことを「若白髪」と呼んでいます。白髪というと老化現象の1つであると思われがちですが、実は近年、この若白髪に悩む人が増加の傾向にあるというのです。

若白髪の原因はいろいろありますが、最も大きな原因は「ストレス」だといわれています。
ストレス社会といわれる現代社会では仕方がないのかもしれませんが、精神的ストレスが自律神経や内分泌系の働きを乱し、髪の色を作るメラノサイトの機能が低下して白髪になるということです。

また、「まだ若いのに白髪がある」という悩みがさらにストレスを引き起こすことも考えられますので、
気になる人は早めに白髪染めなどで対応するとよいでしょう。