シャンプー後の髪の毛を傷めない為のヘアケア法

シャンプー後に皆さんは、どの様なケアをしていますか。「シャンプーの後は、髪がきしんでいる」と感じている方、「指通りが悪い」と感じている方もいると思います。

実は、シャンプー後の髪が濡れた状態は、あなたの髪本来の状態となります。シャンプー後に、きしみや指通りの悪さなどを感じている方の場合には、今使っているシャンプーが合わない可能性がありますので、一度シャンプーを見直した方が良いかもしれませんね。

shanpugocare洗浄力の強いシャンプーを使っている方の場合には、必要な脂分なども落としてしまうため、頭皮が乾燥を起こしてしまいます。

「しっかりと汚れを落としたい」と、洗浄力の強いタイプを選んでいる方も多いと思いますが、落とし過ぎは逆に頭皮や髪に刺激を与えてしまうことになりますので注意しましょう。また、シャンプー後にはすぐにドライヤーをかける方も多いと思いますが、ドライヤーをかける前に、しっかりとタオルドライを行う様にしましょう。

余計な水分はタオルでしっかりと拭き取っておけば、ムダにドライヤーをかける必要がなくなりますからね。

ドライヤーをかける際には、髪質に合った流さないタイプのトリートメントなどを付けて、保護しておくのもオススメ。ドライヤーの熱は、髪にダメージを与えてしまうことになりますから、しっかりとケアをしておきましょう。

「自然乾燥をしている」という方も多いと思いますが、濡れた状態で寝てしまった場合には、摩擦により髪に刺激を与えてしまうことになりますので、出来るだけ髪は乾かした状態で寝る様にしましょう。